子どもの矯正

  • 子どものうちに矯正をするメリット
  • お子様にこんなクセありませんか?
  • お子様の食生活について
  • 症例紹介

健康な子どもは歯並びも綺麗! ~メリットがたくさん小児矯正~

小児矯正とは、まだ永久歯が生え揃っていない幼少の時期に行う矯正治療のことです。顎の骨が成長段階にあるので顎の骨をコントロールしやすく、歯を抜かない理想的な治療が行えます。また、治療期間も成人してからの治療に比べて短く済みます。

お子様の歯を守ってあげるのは親御様の役目です。お子様の歯並びが気になるようでしたら、お早めにお気軽にご相談ください。

お子様の歯並びをもう一度チェックしてみましょう。

子どものうちに矯正するメリット

綺麗に仕上がる

成長段階にある顎の骨をバランスよく保つことにより、見た目が綺麗に仕上がります。

歯を抜かないで治療できる

顎の発育を利用しながら永久歯がすべて生え揃うスペースを確保できるため、抜歯のリスクが低くなります。

治療期間が短くて済む

永久歯が生え揃っていない時期なので、大人の矯正期間よりも早く終了します。また、将来本格的な矯正が必要になった場合でも、小児矯正をしていたことにより治療期間が短く済みます。

噛み合わせの改善により正しく噛めるようになる

正しく噛めることにより食べ物を丸飲みする可能性が減り、内臓疾患のリスクも低くなります。

顎の変形が改善され手術の可能性が減る

噛み合わせが悪い状態が続くと顎の形が変形してきます。変形が大きくなると、手術が必要になることがあります。しかし、小さいときに矯正治療を受けることで成長段階で顎の変形を改善でき、バランスのとれた正しい噛み合わせに。手術が必要になるケースが少なくなります。

自分に自信が持てる

綺麗な歯並びになると気持ちも前向きになり、何事にも積極的に。自分に自信が持てるため、自然と笑顔が魅力的になります。

お子様にこんなクセありませんか?

お子様にはいろんなクセがあり、一見お口に関係なさそうなクセでも、歯並びに影響してしまうことがあります。クセによって骨格にズレが生じ、歯並びや噛み合わせを乱す原因となることがあるため、注意が必要です。

指しゃぶり

指が歯や歯ぐきにあたるので、前歯が噛み合わなくなったり、前歯を押し出したりして、歯並びを乱す原因となります。おもに「受け口」や「出っ歯」が心配されます。

頬づえ・横向き寝・うつ伏せ寝

長時間持続した力が顎にかかる頬づえや横向き寝、うつ伏せ寝などは、歯並びの乱れの原因。なお、頬づえは頭の重さが顎の骨にかかるため、特に下の歯列が乱れやすくなります。

口呼吸

舌の位置が不適切になるため姿勢も歯並びも悪くなりやすくなります。また、口の中が乾燥するので、むし歯や歯肉炎にもなりやすくなります。

爪・唇を噛む

爪や唇を噛み続けると、歯や歯ぐきに負担がかかり、歯並びに悪影響が及びます。

歯ぎしり

顎の関節に強い力がかかって歯がすり減り、歯並びが乱れることがあります。また、永久歯に生え替わったときに「出っ歯」になりやすくなります。

丸飲み

よく噛まずに丸飲みばかりしていると、顎がしっかり成長しないことがあります。すると、歯並びが乱れやすくなります。

舌のクセ

飲み込む時に舌が正しく働かないことにより、前歯を押し出し「出っ歯」になる可能性があります。

お子様のクセについてご質問などがありましたら、お気軽にご相談ください。

お子様の食生活について

食生活と歯並びは関係しているのをご存じですか? 実は正しい食生活を送っていないと顎の骨が十分に発達せず歯並びが乱れてしまうことがあるのです。

食べ物を噛むことの大切さ

最近は、やわらかい食事が多くなり、よく噛まなくても食べられるメニューが増えています。よく噛まないと顎が成長せず、歯並びが乱れるばかりか、噛み合わせが悪くなって全身にも悪影響を及ぼすことに。しっかり噛めるメニューを考え、顎の成長を促しましょう。

正常な歯並びへと導く食育

いま、子どもの歯の健康のために「食育」が注目されています。「食育」とは、現代の食生活の乱れを改善し、子どもに正しい食生活を身に付けさせるための考え方です。朝ご飯をちゃんと食べる、よく噛む、楽しく食事をすることで、歯や顎が正常に発育し、むし歯にもなりにくくなるのです。

1日の元気は朝食から

1日の元気は朝食から

最近では朝食を食べないお子様が多くなってきています。大人も子どもも朝食を摂ることにより体が目覚めるものなので、極力朝ご飯は食べさせるようにしましょう。もちろん、多めに噛むことを心掛けて。楽しくおしゃべりをしながら家族全員で食卓を囲めるといいですね。

楽しく食事するために

楽しく食事するために

お子様の好き嫌いが激しいとお悩みのお母様もいらっしゃることでしょう。しかし、好き嫌いを直そうと子どもの嫌いな物をイヤイヤ食べさせたりすると、食事自体が嫌いになってしまいかねません。無理強いさせるのではなく、お子様と一緒にお買い物に行ったり料理を作ったりしてみるといいでしょう。子どもは自分が作った物は食べたくなるものです。家族みんなに「おいしいね」と言って食べてもらうことで喜びも増します。

【したら歯科矯正歯科医院の食育への取り組み】

したら歯科矯正歯科医院の食育への取り組み

正しい飲み込みができないお子様にトレーニングを行っています。トレーニングにより前歯のすき間が閉じ、飲み込みがスムーズになるお手伝いをしています。

症例紹介

出っ歯

術前

術後

八重歯

術前

術後

群馬県伊勢崎市|診療予約|したら歯科矯正歯科医院

  • したら歯科矯正歯科医院
  • したら歯科のブログ みんなつながっている!
  • 群馬県伊勢崎市|したら歯科矯正歯科医院
  • 歯科衛生士募集 詳細は当院までお問い合わせください